☆フォスター・ペアレント様    ありがとう


p 136.24-36
アンリ 推定9才(平成29年現在) メス
白にグレー縞

2012.6
保護 富岡町山道にて
エイズ(−)白血病(+)
種ワクチン

フォスター・ペアレント  朝倉様 (北海道)





2017.11.14更新

アンリちゃんです。白血病の子たちのお部屋の最長老となりました。
PA280002.jpg


昨年の、窓辺の密会から

               フタバ君       ガク君       アンリちゃん

DSC07300_201711141346496ea.jpg



今年も、ずっとなかよしです。
ガク君とは、特に、なかよし。
IMG_0011_20171114134023e16.jpg



IMG_0016_20171114134025140.jpg



PA280037.jpg



PA280004_20171114143521e30.jpg






フタバ君とも強引なかよし。
IMG_0017_20171114134026846.jpg



ちょっと・・無理が
IMG_0020_20171114134027fb7.jpg



ごはんもなかよく一緒。
PA280019.jpg



PA280022.jpg




グリコちゃんともなかよしだし、あの気難しいようこちゃんもアンリちゃんなら大丈夫みたい。
誰からも好かれるアンリちゃんは、優しい子なんですね。


のはずが・・・

   これだけは・・・譲れませんよ。
ガク君だろうと、
PA280008_20171114144004cb2.jpg


誰だろうと、
PA280010_20171114144006408.jpg


これだけは、ゆずれないわ。
PA280012.jpg


アンリちゃんは強かった。
PA280017.jpg


ごちそうさまー。ちゅーる大好きです。
PA280013_20171114144009e92.jpg



ナデナデ大好きです。
PA280033.jpg



PA280036.jpg



アンリちゃん、時々、お口が痛くなることがありますが、生命力の強い子だなーと感じます。
毛艶もピカピカです。長生きして、愛らしさ振りまいてね。




フォスターペアレント様 ありがとうございます。


フォスターペアレント募集



※100匹猫さんが暮らすシェルターで、週1回1日4時間程度(7::00〜24:00の間、ご希望のお時間で)ボランティアしませんか。アルバイトさんも募集しています。詳細は、 メールフォーム にてお気軽にお問い合わせください。



2016.10.04UP

窓辺の密会








お相手は、ガク君でした。



仲良しなの〜。




一時は、痩せて心配しましたが、獣医さんとも相談しながらお口の治療などもしつつ、このところ安定しています。
可愛い瞬間をいっぱい見せてくれます。

お部屋の仲間が大好きなようです。





お気に入りスペースよ。




エヘッ




景色も見えるし、お外の空気、美味しいです。




窓辺の素敵なアンリちゃん。いつも、幸せでいてね。


フォスターペアレント様 は、北海道から、アンリちゃんを見守って下さっています。

フォスターペアレント様 ありがとうございます。




フォスターペアレント制度


2015.05.10UP

白血病ルームの子たちは、心配が絶えません。
二年、三年と、ある時、発病して旅立ってしまう子が多いです。
福島から保護された子たちの中にも白血病の子が多くて、せっかく保護できたのに寿命を全うさせてあげられないのは悲しいです。



でも、シェルターのボランティアさんたちは、それはそれは、大切にしてくれます。
人間が大好きなアンリちゃん、ボランティアさんの手に、ゴロゴロ、すりすり全身で甘えてきます。
可愛いです。




だけど、このところすっかり痩せてしまって、体に異変が起きているのが見てとれます。
もっともっと、いっぱい甘えて、幸せを感じられる時が長く続きますように。




アンリちゃん、今、TNR日本動物福祉病院に入院中です。
あと少しで退院できそうと今日、獣医から説明を受けました。
アンリ、ボランティアさんたちが待ってるよ。


食いしん坊さんだけど、遠慮がちで、近くにおやつを置いてくれるのを待っているアンリちゃん、
私は、美味しい物を届ける係り、しっかりやりますからね。




フォスターペアレント様。ありがとうございます。



フォスターペアレント制度

2014.01.28 UP

アンリちゃん、毎日、ゴロンゴロン、スリスリで過ごしています。
保護した時の光景は、忘れる事ができません。
富岡町の山道で出会った痩せた猫。

圏内は、パトカーがいっぱいの時、1分後に来るか2分後に来るか、すごい緊張。
危険を顧みず、仕掛けた捕獲器に入ってくれた。



どうみたって飼われていたはずの子。
食べない時があったり、部屋の隅に静かにしていたり
心配な時もあったけれど、




シェルターのボランティアさん達が、一生懸命にお世話してくれました。
大切にされて、甘えて、




白血病にも負けないで、ここでみんなと生きていこうねって、
アンリとボランティアさんたちは会話しています。




アンリが、今日も、明日も、ずっと、幸せを感じて暮らせますように。




アイちゃんと一緒。


フォスターペアレント様。ありがとうございます。



フォスターペアレント制度
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

給餌ポイントを回りきれず、暗くなってから車のライトを消したまま富岡町に入った時、路上に痩せた猫が。
民家は見えない。どうしよう。こんな山道で。
保護しなかったら生きていけない子。
捕獲器を! どうか、パトカーが来ませんように。

ハラハラ、心臓が止まりそうな場面で捕獲保護したやせっぽっち猫さん。

猫白血病陽性 今でも体は細いですが元気です。アンリちゃん主役なんですけど、マリオ君の方がお目立ち。










たまにしかシェルターに行かない私には、一寸警戒、ひとまず棚の上に避難するのですが、


大丈夫そうとわかると近づいてきます。


更にちょっとすると、
「思い出した。あたしを捕まえたおばさんね。」
そうだよー。








スリスリの甘えん坊さんなんです。
捕獲した場所は、山道でしたが震災から時が過ぎた今、民家から離れた場所にいても不思議はありません。


この猫の飼い主さんはいらっしゃいませんか。
この猫を探している方をご存じではありませんか。
情報は メールフォーム

アンリちゃんは、フォスターペアレント様に支えられて犬猫救済の輪「動物の家」新シェルターで暮らしています。フォスターペアレント様は、ご自宅にも猫白血病の子がいて、同じ病気を持つアンリちゃんのことや、不幸な境遇に置かれた猫達の事をとても気にして下さっていつも応援して下さっています。

フォスターペアレント様、ありがとうございます。



フォスターペアレント制度


フォスターTop