☆フォスターペアレント様 ありがとう
NO322 福島府被災猫
  楢葉町 津波エリアにて保護
 
ステアちゃん 
グレー白 メス


なつきイマイチ。
シェルターでの暮らしは落ち着きました。

※フォスターペアレント  久保様 (神奈川県)


 

2017.07.05UP

ステアちゃんは、きれい毛色でついつい触りたくなってしまう。
そっーとなでなでに挑戦しますが、いつもシャー、 怒られてしまいます。
それでも、やっぱりステアちゃん大好き、ステアという名前も素敵です。ステアにぴったりです。
IM20170413_011502.jpg


さて、そんなみんなに愛されているステアちゃんですが、最近しばらくちょっと大変だったのです。
シェルターボランティアさんからの最初の連絡は、
ステアちゃん、アゴの下に黒い傷なのか汚れなのかわからないものが先週からあるので、診て頂きたいです。
IMG_6329.jpg

食欲はあります
P6030013.jpg


それから、みんなの心配が始まったけど、
ステアちゃんは、絶対に触らせてくれない猫ですから・・・さあ、どうする??

次の、ボランティアさんからの報告
「猫パンチがひどくて、はっきりみえませんでしたが、あごのあたりまで黒ずんでいました。」
r

LINE_P20170620_010214910.jpg

「御飯は食べています。」
IMG_0041_20170705043619486.jpg


「いかがいたしましょうか?ケージに入ってもらってなんとかキャリーに移しましょうか。」
被災猫は、あまりに辛く苦しかった飢えの経験からの食べ物への執着がずっと消えません。
食べ物でケージに入ってもらって、それから更にキャリーケースに移すということになって、
IMG_0028_20170705043617078.jpg


IMG_0029_2017070504361869f.jpg


約1週間で、やっと病院に連れていくことができました。
なついてない猫の扱いには、TNR日本動物福祉病院に限ります。
預けておいて、夜に行ってみますと、ステアちゃんは、入院室に入っていました。

ステアちゃんもお歳をとってきて、歯が抜けたり少し口内炎になったりで、ヨダレでこんなに黒くなってしまっていたそうです。
口内炎に効く注射を打ってもらって、お顔もきれいにしてもらって、食べだしたら退院しましょうということでした。
悪性の腫瘍とかできていたらとみんなと心配も消えました。


すぐに退院できてシェルターに戻って、いつもの日々を送っています。

IMG_0001_20170705043615afc.jpg



P5200007.jpg


フォスターペアレント様、ありがとうございます。



フォスターペアレント制度

100匹猫さんが暮らすシェルターで、週1回1日4時間程度(7::00〜24:00の間、ご希望のお時間で)ボランティアしませんか。  
メールフォーム にてボランティアのお申し出をお待ちしています。

2016.5.7UP
東日本大震災のあとに人のいない町に生まれてきた猫たちは、
人に危害を加えられたことはないので、比較的早くなついてくれて里親に行ける子もいれば、やっぱり人間って大丈夫なのか?って、警戒心を強く持つ子もいます。

ステアちゃんの保護された場所、津波エリアは、多くの家屋は解体され更地となり、その後もしばらくは給餌を続けてまいりましたが、暖かくなる春を待ってほぼ給餌を終了し、残るは数か所のみとなりました。
楢葉町は、帰還されていらっしゃる住民さんとお会いすることもあり、避難されていた長い間のことをお聞きしたり、また私たちがやってきたことをお話したりすることもあります。
近辺で、どことどこの家が猫を飼われていたかなどの情報も得られます。
少ないですが人の住む町となった楢葉町で、また、猫や犬と暮らす方も増えていくでしょう。人と猫が寄り添って共生していく町になってほしいと思います。




ステアちゃん、
ごはんくれるのは、ありがたいんですけど、
まだ、安心はできないわ。触らせませんよ。




めげずに近寄るシェルターボランティアさんたちに












そんなにまでいうなら、おやつ下さる時だけでも仲よくしてみようかしら。
実は、わたし。おやつに目が無いんです。





というか、食べることには、だれよりものステアちゃんです。
食器の音だけで、 ソワソワ、チョロチョロ、よだれでちゃいます。




ガツガツ!と凄い迫力で食べます。




更には、他の子の分までも




クールビューティーな美しい外見とは裏腹に、
食いしんぼう過ぎの面白い子です。




フォスターペアレント様 ありがとうございます。


フォスターペアレント制度
 2014.11.28UP

ステア君も、最初の頃は警戒心強い子だったね。
だったねってことは過去形で、今は、うーん・・・警戒心中ってとこね。


シェルターに慣れた頃から食いしん坊を発揮して
ごはん定量はペロリン。



オヤツの時間にはガンガン近くまで寄ってくる様になったのよ。
・・・なのに、どうして触らせてくれないのよ。




警戒心中なこのごろ。
いつも真面目な顔してます。



ステア、まじめな性格?




シャーも見なくなったから、快適には暮らしているのかな。








猫たちとも仲良し、

お陰様で健康優良猫続行中です。




フォスターペアレント様、ありがとうございます。


フォスターペアレント制度



☆福島被災猫救出連携ボランティアの猫のマリアさんでも、被災猫をはじめとする保護猫のフォスターペアレント様を募集されています。あなたの愛の手を! 1日100円、ひと月3000円のご支援で、1匹の猫が飢えることなく安心して暮らしていくことができます。
http://nekohitomaria.blog109.fc2.com/

猫のマリアさんフォスターペアレント様募集

2013.09.19UP

ステアちゃんです。








あまりフロアに降りてこなくて、大好きなカツオタイムやご飯やトイレで降りて来た時に、そーっとカメラ片手に近づくと…長い手足であっという間に天井の段に飛んで行ってしまいます…。

もみじちゃんと一緒。


マルちゃんと一緒。



時には、若いチビタ君とじゃれあってテンション高い時も。




シェルター生活にも慣れてリラックスしてます。







カワイイステアちゃーん♪としつこくカメラを向けると、仕方ないなぁ…とばかりにカメラ目線になってくれます♪怒ったり、手を出したりせず、写真も沢山とらせてくれました。






フォスターペアレント制度


フォスターTop