☆フォスターペアレント様 ありがとう
保護1407
pa-111 26-17 
ゴードン
キジトラ白
エイズ(−)・白血病(−)
交通事故と思われる後遺症 骨盤が狭くなってしまい 自力での排便が困難です。

フォスターペアレント様 
 西野様 (東京都)

 2017.01.29 UP


DSC02740.jpg



ゴードン君の日常
食欲があるのは安心なんだけど
その分、すぐにうんPが大きな石ころのようにガチガチつまってしまうのでいつも心配。

ごはんは、水分の多い缶詰か、
ロイヤルカナンの可溶性ドライフードの処方食。
それでも便が固くなってしまうときは、液体の薬を飲ませます。

そして一日三回は、固まった便をお腹の上からギュッと押さえて、小指の先位の大きさに潰してあげなくては、骨盤でつかえてしまって排便できません。





ふー。 しあわせだな〜。




お返しに、ありがとにゃ。ありがとにゃ。ありがとにゃ。





DSC02539_20170127065037e3f.jpg

この子の一生を、私の手でお手伝いしてあげなくちゃならないから
私も、長生きしなくてはなりません。大丈夫かな。


フォスターペアレント様 ありがとうございます。


フォスターペアレント制度

2015.11.14 UP

私が一緒にいる時間が一番長い子がゴードン君です。
なぜって、自力排便ができないので、1日数回お腹をもんで、大きな塊になってしまうウンPをつぶしてあげなければならないからです。




勿論、嫌がりますが、嫌なことはすぐ忘れる性格。



その割には、結構、ご機嫌さんで、すぐにゴロンゴロンしてます。



私の手は、おもちゃとでも思っているのか、遊ばれています。











ま、仲良くしてもらってます。















今日は、福島に出発です。
出かける時だけは、ウンPのできないゴードン君がとても心配です。

と、私の心配をよそに、よく食べる子です。


フォスターペアレント様。ありがとうございます。


フォスターペアレント制度

2014.05.22UP
事故の後遺症と思われます。保護当時は、歩くのもやっとでした。
そのため、自力排便が困難で、腸で固まってしまいます。
便を緩くするため、多めの薬を飲ませたり、それでも便がでなくて病院で出してもらったりを繰り返しました。

事故で怖い思いをしたためか、怖がりで怒りんぼのゴードン君。


下剤を毎日ご飯に混ぜて、何とか毎日排便ができる状態で自宅療養に切り替えてみました。



薬の量を加減しながら見守る日々。
食べてる時だけ触れたのが、いつでも触れるまでになり、怒ることも殆どなくなってきました。

まだ少し逃げますが、さわってしまえば、気持ちいい顔してゴロンとします。



あら、嬉しい、ペロペロ、御挨拶も。






何よりも何よりも、良かったのは、お腹に触っても平気なこと。



便が腸で固まって大きな団子状態になってしまうのを、お腹の上から揉んでほぐして、排便を促してあげられます。苦しさがなくなるのか、嫌がりません。
これができるようになって、下剤も使わなくてよくなりました。



なついていない子は治療もしてあげられなくて困ることが多々ありますが、ゴードン君はまれにみる変身ぶりです。
ゴロンが、とってもかわいいゴードン君です。



ハク君と一緒。

後ろ足は、今もかなり引きずっていますが、痛みはなさそうです。
とても元気。いっぱい食べて、まあるいゴードン君です。



フォスターペアレント様、ありがとうございます。




フォスターペアレント制度

フォスターTop