☆フォスターペアレント様 ありがとう

pa-114 26-20

 フタバ君

2013.11.07 保護NO1473 双葉町


キジトラ白 オス 4.4キロ

FIV(−) Felv(+)
とても怖がりさんでしたが、なつきました
犬猫救済の輪シェルター 白血病ルーム 

※フォスターペアレント 武田様(東京都) 
 


 2018.03.17 更新

フォスターペアレント武田様、いつもお世話になっております。
お陰様でささやかな幸せに包まれて過ごしております。

いつもクールにきめているふたばくんですが、ナデナデの気持ち良さを知ってからというもの、人間の手がくると、ひとたまりもありません。

ペターっ と、
    くにゃーっ ととろけそうになります。
P2100010.jpg



P2100017.jpg



今年は耳掃除ができるようになり、着々と人馴れしてきています。
ブラッシングも大好きになりました。
気持ち良さそうな顔をしているのを見ると、もっと喜ばせてあげたくて、ブラッシング係り担当、頑張ってます。
P2100005.jpg



だっこはまだ・・・ダメです。
なんといっても、お部屋では1番のクールにゃんこで、天井族ですから、ここまでなついてくれてだけでもすごく嬉しいです。
P2100003.jpg



やっぱり食べることが一番。ご飯はドライ派です。
時々お口が痛くなりますが、まだ軽度です。
P2100007.jpg



ちゅーるタイムは、いつもこんな感じ、本当においしいんですね。
P2100011.jpg



P2100012.jpg


やさしいフタバ君だけど、ちゅーるは、やっぱり独り占め。また、あげるよ。
P2100016.jpg






さて、ボクの出身地は福島の双葉町です。
そのボクが保護されたのと同じお家で、つい最近、レスキューされた子がいるんだ。
ボクの、息子?
可愛い奴だから紹介しておくね。






たま君っていうんだよ。
ボクが保護されたお家の一角に作ってもらった給餌場だよ。
たま君は、ここに食べ物を求めて深い雪の中でも来ていたんだ。
生きるために、必死だったね。よく頑張ったよ。
PICT0245s_201803171830335ae.jpg



ボランティアさんが、助けに来てくれて
IMG_6243_2018031718303097b.jpg


保護されたたま君。
IMG_6238_2018031718302977c.jpg



TNR日本動物福祉病院の保護室。
たま君、みんなで歓迎。
DSC00013_20180317183032b81.jpg


少しづつ緊張がほぐれてきているようです。
お顔の表情が変わってきました。
DSC00559_201803171835089d9.jpg

DSC00558.jpg



「焼きカツオで、人慣れ大作戦。手差しでできるよ-。」             
DSC00562_20180317183510333.jpg



人のいない町に生まれ生き延びていてくれたたま君。
なつくには時間がかかりそうですが、たま君の気持ちになって考え、
必ず必ず幸せにしてあげたいです。

このようなたま君ですが、お家に迎えて下さる里親様、また、家猫修行のお預かりボランティアをお受けいただけます方がいらっしゃいましたら、お申し出をお待ちしております。


飼い主のいない動物たちに暖かいお家を!
フォスターペアレント制度  シェルター基金ご協力をお願い申し上げます。
一つの命の一生を守っていくこと。100匹の命の一生を守っていく事。
皆様のご協力を宜しくお願い申し上げます。 

フォスターペアレント募集は、 こちら 



 2016.11.27更新


白血病ルームのフタバ君です。
futaba1.jpg



福島の双葉町の救出困難な場所から、レスキューすることができなければ、
この子に、この日、この命はなかったでしょう。

フタバ君は、白血病にも負けず、気ままなのんびりとした、猫らしい日々を過ごしています。
futaba4.jpg



futaba7.jpg



ごは〜ん カリッ ポリッ
futaba10.jpg



のあとは、
じゃらしもおねがいできますか。
futaba6.jpg




のあとは、
甘えさせて〜
futaba3.jpg



モット、モットー、お姉さん、大好きですから〜。
futaba13.jpg



フタバ君はちょっとだけ人見知りしますが、慣れると・・・・
名前を呼ぶだけでゴロゴロ喉を鳴らすんだよね〜♪
futaba2.jpg



声を掛けたり、ナデナデするととってもアクティブに喜んでくれます。
はい、私、同じくらい喜んでいます。(;´▽`A``
futaba9.jpg


最近、ボクに急接近の、新人ボランティアの君。
ボクのまんまるクリームパンお手手を、特別、君にあげよう。 ホントウは、だれにでもあげちゃう。
futaba8.jpg



futaba12.jpg



フォスターペアレント制度



 2015.10.09 UP

福島双葉町の住民さんの家にかけた捕獲器に入った猫さんでした。
住民さんの飼い猫3匹は、未だ1匹しか保護できておらず今も給餌に通っています。
立入のできる日数が最近少し増えましたので住民さんも私達と同じ日に一時帰宅されて家の修理や片付けをすることもあります。
避難前のご近所の猫事情なども聞くことができてここで何頭も保護された理由もわかりました。
不妊手術をせずに外飼いで、いつも生まれて沢山の猫がいたそうです。

ここで保護された猫さんは、なついている子が多かったので飼われていたことは察せられましたが、名乗り出て下さった飼い主さんはいませんでした。里親に行けた子もいますし、病気があってシェルターに暮らしている子もいます。
そんな中で、飛び切りの怒りんぼさんが保護されました。その子がフタバ君です。

フタバ君は、猫白血病陽性ですが、元気です。今は、シェルターの白血病ルームで暮らしています。
保護からまもなく2年になります。

以前は高い所に上って隠れてばかりで心配だったフタバ君、いつの間にやら撫で撫で出来る様にもなって、隠れている事も少なくなりました。




撫ぜ撫ぜを覚えたら、やめられないにゃ。





おっとりのんびりやさんになりました。
ちょっと気の強い子に追いかけられると隠れて出てこなくなってしまったり、
大好きなオヤツも取りにこられなかったりしますが、
以前より生き生き暮らせています。

体調も良好です。
ボク右利き。結構、このポーズが多い。



お目目もあんよも、みんな可愛いね。



そう。じゃ、




おまけ。




フォスターペアレント様。ありがとうございます。



フォスターペアレント制度


2014.07.08 UP


ボクのお家。



こう見えても、ボク、小心者なんで、
お世話係さんは、いろいろ気を使ってくれます。



あまり移動しないけど、ボクの行先は、いつも高い場所。
お世話係さん(154p)は、踏み台使ってボクの目の前にごはんを届けに来ます。



「この目と、体型が可愛いと言われている僕。」



「そうかい。でも、それ以上近寄ると・・・」



「隠れちゃうんだな。小心者のボク。」



移動してもまたすぐにお家に戻ってしまうフタバ君です。。



「フタバ君、もうちょっとおしゃれなお家をプレゼントしましょうか。」
「猫の僕としては、これが気にいってるにゃ。入口がボクのサイズに合わなかったから自分で直したにゃ。」



白血病キャリアですが、現在異常ありません。
美味しい食事を楽しみに待っている子です。


フォスターペアレント様、ありがとうございます。




フォスターペアレント制度

フォスターTop