☆フォスターペアレント様 ありがとう

NO1681 pa165 28-08 

アトム君 黒白 オス

東日本大震災被災猫
 
2015.12.15 長期帰還困難区域 大熊町旭台にて保護

推定3才 (2018.4月現在)

フォスターペアレント主計様(福岡県) 




2018.10.20更新 


東日本大震災福島被災地は、今も住民さんたちは避難されたまま、人の住んでいない町があります。
そのバリケードで閉ざされた町に残された犬猫たちのレスキューは、困難を極めましたが、震災から8年目の今、確認された猫全頭の救出を終え、まもなく終了となります。


2015年12月、大熊町の給餌ポイントで保護された時のアトム君。
IMG_5917_201810201208014f7.jpg



アライグマやイノシシの生存競争の中で、まだ子猫だった猫が生き延びるのは奇跡です。
どれ程、怖い思いをして生きていたのか、アトム君の心は時間をかけてもなかなか開きませんでした。
シェルターでは、室長ゾロくんの影に隠れていることが多いです。
IMG_5036.jpg



極度の怖がりさんで、素早く逃げ回り、それでも猫たちの後ろに隠れながら少しづつ少しづつ姿を見せるようになりました。
IMG_4572.jpg



全貌を確認するのは難しかったアトムくんですが、今年は、・・・・

とある日、お部屋のドアを開けると、まさかのアトムくんが普通に座っていました!!!
あれっ!?アトムくん、隠れなくて大丈夫なの??とこっちが心配するほど普通に。
IMG_0005_201810201237388b7.jpg


逃げようか。
IMG_0004_20181020123739964.jpg


隠れようか。
IMG_0003_2018102012374146b.jpg



近づくとやっぱり逃げましたが、
IMG_0006_20181020124111546.jpg



こっちを確認する余裕が出てきました。
IMG_0007_20181020124110a2e.jpg



そして、この落ち着いた表情。。。アトム、キリッとしてカッコイイよ。
IMG_0008_20181020124112610.jpg



普段食べているのをほとんど確認できませんが、この毛ヅヤと目ヂカラをみると、健康そうですね。安心です。
IMG_4575.jpg




アトムをみていると、初代怖がりナンバーワンのおでんくんを思い出します。
こうやって、すこーしずつ恐怖心がなくなっていって、おでんくんみたいにハジけられるようになるのは、何年もかかってしまうかもしれないけど?首をながーくして待ってます☆


フォスターペアレント様 ありがとうございます。




フォスターペアレント制度

お願い
猫たちに愛情を注ぎお世話に協力してくださるボランティアさんを募集しております。
現在シェルターボランティアさんは24名、AM7:00~PM24:00までの間、シフト制です。
週1回より、1日4時間程度、詳細はご相談。川崎駅からバス10分と歩2分、是非、ご参加を。
メールフォーム



2017.7.11 更新



姿を見るのは難しいほど、箱から出てかなかったアトム君
IMG_0116_201707102251156c1.jpg



IMG_0080_20170710225112514.jpg



「チャビー、おはよう!」と声をかけ、チャビーの寝床をのぞくと、奥にアトムくんがいました。
20170520_123128-1.jpg




やっと、やっと、
ついに、ついに、箱から出てこれるようになりました。


ダイチ君といたり、
20170218_190131.jpg



シロ君といたり、
IMG_0058_201707102245562f1.jpg

IMG_0047_20170710225630fee.jpg


とにかくまだまだ怖いので、だれかを頼って、その後ろに居させてくださいといったところです、
IMG_0039_20170710225629e04.jpg



IMG_0017_20170710225627418.jpg




IMG_0110_20170710225938a7f.jpg




人間は、、、半径2メートル以上近くなると威嚇しながら、一目散に逃げ回ります(・Д・)ノ
まるで忍者のように素早く、周りにいる猫ちゃんたちも、何が起こったのか、びっくりして棒立ち。
動きが早すぎて早すぎてぶれぶれの写真ばかりです。
IMG_0073_201707102258502bb.jpg



IMG_0070_201707102258539c2.jpg



IMG_0071_20170710225851a5c.jpg



IMG_0081_2017071022585479b.jpg




でも、オモテに出てくるようになっただけでもすごい進歩です。
きっと、更に変わっていくと思います。
安心してごはん食べて、リラックスして暮らせるように、みんなでアトム君を見守っていきます。



フォスターペアレント様 ありがとうございます。



フォスターペアレント制度



2016.4.05 UP

☆フォスターペアレント様 ありがとう
 (アトム、飛び出そうよ)



2015年、福島大熊町で保護した黒白猫ちゃん、
小柄な子でおそらくまだ1才未満に見えました。

震災後に人のいない町に生まれた猫は、
人を見るのは初めてでも、いじめられたりしたこともないので、ご飯あげたりしているうちに比較的早くなついてくれる子も多いです


が、

怖い怖い、性格もう変わりません!!  って子もいます。



現地で、捕獲器に入ったアトム君、



なついてくれますか。




ダ、ダメです。怖い怖いです、性格もう変わりませんから!!



シェルター 危険なハート洞穴




接近40センチ、スイッチON !  連続
ネコパーンチ



アトム君、思い切って飛び出してごらん。


生まれた環境で、こんなにも小さな心には、怖さだけがいっぱいで、
遊ぶことも甘えることも楽しいことを何も知らない。

生まれて1才にもならない子がどれほどの過酷な環境で、何を思い生き延びていたのだろうか。
それを思うと、人間とはなんと罪深いことでしょう。



フォスターペアレント様 ありがとうございます。




フォスターペアレント制度


                フォスターTop