フォスターペアレント様 
     ありがとう

pb126 29-16
サチちゃん、川崎市動物愛護センター収容の負傷猫を引き取りました。複雑骨折の手術から感染症と戦っています

フォスターペアレント
  武田様(東京都)




さち経過
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-5884.html


2017.11.07UP
☆さち 経過ご報告 今日から、お家でリハビリ開始

一か月ぶりのサチです。
三月には、しっぽの先の方がかなり長く壊死してしまい、断尾手術をTNR日本動物福祉病院で受けました。
そのあとはまた、一般の抗生物質が効かないサチちゃんは、しばらくバンコマイシンの抗生物質で対応し、順調です。

歩く練習をしなくてはならないのですが、事故や、その後は大きな手術等で、痛かったり怖かったりを経験したサチは、かなりの怖がりさんで、ケージの外に出ようとしません。

けれど、ボランティアさんたちが、手をかけてくれたお陰で、最近ではスリスリしたり、ゴロゴロも言えるようになりました。
そこで、獣医と相談。サチちゃん、外出許可が出ました。
今日から、しばらくは、我が家でお預かりします。

ついたばかり、まだ、緊張。
DSC03949_20170411022218166.jpg


サチと一緒の川崎市動物愛護センターから、三年前に来た先輩のゴードンお兄ちゃんだよ。優しいからね。
DSC03947.jpg



これから、ゆっくり、あんよの練習だよ。
トイレも覚えましょうね。

まだ少し、弱弱しい感じがします。
歩き回ったりするようになって、体力もつけないとと思います。

しっかり体力がついたら、最後に、もう一度、大きなピンを抜く手術を受けなくてはなりません。
でも、いまは、とても・・・。
しばらく、いやなことはしないであげたいです。


動画


フォスターペアレント様 ありがとうございます。


フォスターTop