☆フォスターペアレント様 ありがとう
pb145 29-36
長介君
茨城県動物指導センターより2017.8月引取り 負傷猫
黒猫 オス 推定13才以上。  
右前肢皮膚欠損他
腎不全
猫エイズ陽性
※フォスターペアレント 宮越様(東京都)


2017.10.21 UP

長介君
今年8月、茨城県動物指導センターに負傷猫として収容されていました。
右前肢皮膚の欠損部位が広く、センターで手当てしていただき、縫合などはせずに時間をかけて皮膚の再生を待つ治療方針に決まりました。
DSC07736s_2017102102540804e.jpg



猫エイズ陽性もありましたが、ほぼ、順調に皮膚は再生されてきて傷口は随分小さくなりました。
DSC08694_20171021025409c41.jpg



来たばかりは、シャーしてましたが、最近は、嫌な治療もされなくなってきたので機嫌もよいようです。
IMG_6523.jpg



スリスリゴロンゴロンしています。
IMG_6543.jpg



食欲もあって
IMG_6551.jpg



体重も、しっかり・・・増えすぎ?
IMG_6561.jpg



いつになったら、退院させてもらえるんだい。  と言っているような、やや不満気味なお顔。
IMG_6563.jpg


獣医から、そろそろ、シェルター引っ越しますか、と。

       ヤッホー !

間もなく退院できそうです。
腎臓も悪いので、シェルターでは、腎ルームで暮らします。
長介君、楽しくなるね。




フォスターTop