☆フォスターペアレント様 
ありがとう


pb150 29-40
チロルちゃん
グレー白
メス 推定12才(2019年現在)
茨城県動物指導センター2017年引取り負傷猫
脱水 削痩 衰弱によりTNR日本動物福祉病院入院治療後、
2017.9.30シェルターに入居しました。
なついていません。
※フォスターペアレント 清水様(岡山県)



 2019/05/18 更新

シェルターボランティアさんよりの記事になります。

チロルちゃん、怖がり&凶暴にゃんこちゃんでした。
シェルターでボランティアさんたちに手をかけてもらって1年が過ぎたころから変化が・・・。

IMG_0550.jpg

徐々に慣れてきて、まずは、ケージ暮らしを卒業

お部屋を自由に動き回り、同室の猫達とも一緒に暮らせるようになりました。

IMG_6216.jpg



IMG_2585_20190517044659a00.jpg


そんな日々をすごしていたのですが、去年のある日大変な出来事が・・・。
まだまだ人にはなついていない触ることもできないチロルちゃんです。

ボランティアの申し送りで「チロルちゃんの元気がないような、、、食欲も低下しています」という内容が増え、私の当番の日に、

チロルちゃんの様子を見にいきましたが、いつもチロルちゃんがいる場所を探してもいない、どこを探してもいない、

どこに行ったの・・・、

ケースの中の猫ベッドで瀕死のチロルちゃんを発見!!

尿失禁をしていて、ひどい脱水状態。そして、意識は朦朧、息絶え絶えで呼吸回数が1分間に7回のみ、瞬膜が突出し、何より耳のチアノーゼがひどくてかなりの低酸素状態がうかがえ、急がないとチロルちゃんが死んでしまう!!! ......っと珍しく焦って結さんに電話したことを今でも覚えています。
おそらく、あと少し発見が遅かったら、チロルちゃんは、もうこの世にいなかったかもしれません。そのぐらい危ない状態に見えました。

TNR日本動物福祉病院に緊急搬送し、すぐにに処置をしてもらったので、チロルちゃんの命がつなぎとめられました。

IMG_5980.jpg

結果、末期の腎不全でした。治療を終えてもクレアチニン8という高値、BUN100の状態で、シェルターに戻ってきました。
お部屋は、腎臓の悪い子たちのお部屋にお引っ越しして、ご飯も腎臓病食に変わり、毎日輸液、毎日3種のお薬、、、と、以前とは180度違う生活になりました。


触れない猫パンチが鋭いチロルちゃんですので、当分輸液のためケージ管理です。ケージの中でも大暴れで、案の定猫パンチや本気噛みされて、流血が絶えない私たちボランティアでしたが、少しでも長生きしてもらいたいので、めげずに毎日輸液をトライし続けました。それでも興奮して大暴れのため、輸液が出来ない日も幾日もありました。

IMG_0921.jpg



輸液をすることで長生きしてもらいたいけど、チロルちゃんの自由な時間も作り、ストレス発散してほしい、、、
そんな願いから、週に3日はケージから出してのんびりタイムを作っています。


IMG_0927_20190517044825b6b.jpg


IMG_0940.jpg


IMG_0447_20190517044822007.jpg


そんな生活から4カ月経った頃、

  すこ〜しずつ触れるようになってきました。

最初はなでなで、
IMG_1221.jpg


IMG_1229_20190517044657e64.jpg


次は握手、
ついには抱っこ、
IMG_5385.jpg




膝にも乗ってきます。
IMG_8885_20190517044820d80.jpg


輸液の時もじっと大人しくしてくれるようになりました。

チロルちゃんがここまで慣れてくれたのは、ボラ一同とても嬉しく、感動ものでした。
まさかチロルちゃんがこんなに早く、ここまで心を開いてくれるとは、私も思っておらず、嬉しいけどもビックリな出来事でした。

IMG_0963_20190518021834ec5.jpg

あのチロルちゃんが倒れていた日、死の淵を彷徨っているのをみているので、今こうやってご飯を食べたり、のんびり穏やかな顔で仲間たちと過ごすことができているのは、奇跡の連続とも思えます。
それも全て、現代獣医学と命を救ってくれた病院の先生方のおかげに他なりません。
あれからもうすぐ1年になりますが、おかげ様で、通院することなくシェルターで過ごすことができています。
腎臓の数値は末期ながらに体調は割と安定しています。

チロルちゃん、みんなで支えていくからね。幸せを感じて長く生きていこうね!

チロルちゃんの大ファンなので、思いの丈をつづりました。長くなりすみません(^_^;)


フォスターペアレント様 ありがとうございます。




フォスターペアレント制度








201712.31UP
.(クールビューティーなチロルちゃん)

茨城県動物指導センター引取り負傷猫

DSC08093.jpg


チロルちゃんがシェルターのなついていない子たちのお部屋に入居したのは、9月30日。
チロルちゃんは、そういえばシェルターでみんなに大切にされ長生きしてくれたフーくんと同じ色柄で、ボランティアさんたちが、チロルちゃんも大切にするからねと言ってくれました。



ド、ド、ド緊張状態で、ケージごと布で覆わなくてはならないほどの怖がりようでした。
二段になったケージに入れて様子を見ることになりました。
ケージの隅っこにいました。水替えや敷物替え等、猫パンチをかわしながら作業していたことが懐かしいです。

最近は、幾分リラックスした表情になったかな?
IMG_0025_2017123023001924c.jpg



ミッキーやなおみが仲良くしたくて近づいてくれるんですが、
未だに人間も猫もニガテで、テリトリーに入ると猫パンチが炸裂します。
IMG_0043_2017123023021186e.jpg



ボラさんたちも毎回気にかけて人馴れ修行をしてくれています。
猫じゃらしを振ったり、またたびを与えてリラックスを促しています。
じゃらしには、なかなかいい反応!!
キリッとした表情が緩む場面です。
なついてくれる見込みありかな。
IMG_0023_2017123023001725c.jpg



IMG_0015_201712302300175b6.jpg


ご飯は、何でも沢山食べてくれます。
過去に食べ物に飢えていた時があったことが伺われ、いっぱい食べてと、姿を見つめてしまいます。
IMG_0098_201712302308294b5.jpg


IMG_0100_20171230230831695.jpg


IMG_0087_201712302308298d9.jpg



シェルター入居から約3ヶ月。今ではふわふわの敷物にちょこんと座っています。
シェルター生活、気に入ってくれたら嬉しいです。
IMG_0132_20171230231426912.jpg


IMG_0161_20171230231427dba.jpg




ケージ生活も長くなったチロルちゃん、ケージからそろそろフリーにできるかなぁ…
フリーになったら、友達できるかなぁ…
チロルちゃんと打ち解けるのは、長期戦になりそうですが、1年でゴロスリに大変身したホルンちゃんと同じようなにおいを感じるので、いつかきっと抱っこできる日が来るのではないか、と思います!

クールビューティーなチロルちゃんがこれから元気で、みんなと仲良くできますように!いつもそう願っています。



フォスターペアレント様 ありがとうございます。


フォスターペアレント募集



※100匹猫さんが暮らすシェルターで、週1回1日4時間程度(7::00~24:00の間、ご希望のお時間で)ボランティアしませんか。アルバイトさんも募集しています。詳細は、 メールフォーム にてお気軽にお問い合わせください。

フォスターTop