☆フォスターペアレント様
 ありがとう




pc125 30-25
レッツ君
川崎市動物愛護センター引取り 
茶トラ オス
推定10才
シェルターで暮らしていきます。


フォスターペアレント(鞭様 京都府)




2018.12.11 UP


レッツくんは、川崎市動物愛護センターから引き取った成猫さんですが、
シェルターに入居した日があの「3.11」だったものですから、シェルターボランティアさんたちには、あの日に着た猫ということでかなり強烈に頭にインプットされたみたいです。

シェルターには、東日本大震災から8年目のいままでレスキューされた沢山の猫達がなついていないことが理由で暮らしています。
ですから、ボランティアさんたちも、福島の警戒区域からレスキューされた飢えでやせ細った猫達を沢山見てきたので、震災の日の3.11は「福島の猫の日」みたいに特別な日なのです。
福島からのレスキューが終わろうとしていた今年、3.11は静かに迎えるであろうはずのシェルターに、

そろそろ川崎の猫の面倒もみろやと言わんばかり、突然入居となったレッツ君は、キャリーから出るや否や、物置きに飛び登って、シャーシャーとものすごい勢いで威嚇、しばらくはボランティアさん達にも戦闘態勢でした。

あぁ、この子は慣れないかも、、、

PC010025.jpg



ところが、予想は良いほうにハズレて、表情もどんどん変わり、穏やかになりました。


美味しいご飯欲しさに近づいてくるようになりました。


ボクのかなー
PC010027.jpg


ボクのですよねー
PC010028.jpg


もー、いただいちゃいます。
PC010029.jpg

 
ガツガツ !! 
PC010031.jpg


友達もたくさんできました。
お部屋には、圧倒的に福島被災猫が多いです。
大熊町古舘の海に近い津波エリアで保護したオスカー君。お友達1号。
PC010019.jpg


飯館村の多頭飼育の家からレスキューしたおでんちゃん。お友達2号。
PC010021.jpg


お友達もできて怖さも薄らいできたら、猫じゃらしに興味があるみたい。
遠くから遊びたさそうに見ていて、少しずつ少しずつ近づいてくる所がかわいい。
PC010011.jpg


PC010013.jpg


PC010012.jpg

センターから引き取ったころから比べると、体調も良くなりぽっちゃりと容姿も変わってきて、こうして元気に遊ぶところからしても、レッツ君は、まだまだお若いかもしれませんね。



そして、レッツ君もボランティアさんたちも互いに気持ちに余裕が出てきたある日、

レッツのお顔が、フジオにそっくりだ!!と気づきました。優しく勇敢だったフジオくんです。フジオの再来かと思うほどでした。

フジオ君の写真
2013,3,7 (1) (450x338)


みんなに大事にされ、少しなら触れるようになってきています。
PC010003.jpg

フォスターペアレント様 ありがとうございます。


フォスターペアレント制度

100匹の猫たちが暮らす保護猫シェルターで、猫たちに愛情を注ぎお世話に協力してくださるボランティアさんを募集しています。
現在シェルターボランティアさんは24名、AM7:00~PM24:00までの間、シフト制です。週1回より、1日4時間程度、詳細はご相談。川崎駅からバス10分と歩2分、是非、ご参加下さい。
メールフォーム




フォスターTop