☆フォスターペアレント様 ありがとう

小麦ちゃん 川崎市動物愛護センター引取
麦わら色 メス 
高齢です。
関節炎 膀胱炎 歩行 排尿異常 多数の病状でTNR日本動物福祉病院入院治療中



フォスターペアレント 菊池 様 (神奈川県)

2020年09月15日 UP

川崎市動物愛護センターに収容された小麦ちゃんは、耳カットがされた不妊手術済の猫さんでした。
きっと誰かが不妊手術を施して下さったのでしょう。
そうして生きてきても、外の暮らしには危険がいっぱい。いつどんな事故にあうかもしれません。

車に轢かれた子は、骨折や神経麻痺になることも多く、膀胱炎や排便排尿が自力でできなくなることもしばしばです。
20200912_221631.jpg


小麦ちゃんは、可愛がられていた時があった子でしょう。
腰がフラフラしてしまいますが、なんとか歩けます。
甘えたくて、寄ってきます。
20200912_221648.jpg



こんなにかわいい表情を見せてくれます。
20200912_221643.jpg



小麦ちゃんが嬉しいだけ、お世話している方も嬉しくなってしまいます。
20200912_221623.jpg



小麦ちゃん、いっぱいかわいがるからね。
20200912_221728.jpg



20200912_221735.jpg





ところが、、、大きな問題が・・・


あたし、クスリ、ダイッキライ!! っと凶変!!

ベテランスタッフさんをも悩ませる小麦ちゃん。

20200912_005032.jpg



苦戦中ですが、獣医さん、あの手この手。お薬を変えてみるそうです。
20200912_005307.jpg



不幸に見舞われた犬や猫たちが、動物センターに収容されますが、傷病動物を手厚く保護しその命を生かすために最善を尽くして下さる川崎市動物愛護センターの皆様に感謝し、犬猫救済の輪もまた少しでも動物たちが救われますように協力させていただきたいと思っております。



フォスターペアレント様 ありがとうございます。

フォスターTop