☆フォスターペアレント様 ありがとう 


r5-05
こだま君 白黒 オス 若い
経緯
東京都大田区 成猫がダンボールで捨てられていたとのことですが何があったのかわかりません。
削痩・衰弱 保護され病院に来た時は膀胱炎から尿が出ない状態で生命も危険。それから、いろいろと検査が行われましたが、特に悪いところが見つかりません。??ただただ食べない。酷い痩せ方で一時は鼻カテーテル。その後は、シリンジで強制給餌。殆ど食べませんが強制給餌で安定してきました。なついています。捨てられた理由は?
エコー検査で心臓が通常より小さいことがわかっています。
※フォスターペアレント 駒井様 (神奈川県)


2019年08月05日 UP


5月に段ボールに入って捨てられていたという衰弱した猫が、TNR日本動物福祉病院に運ばれてきました。
やせ細り、酷い血尿。歩くこともできない。
けれど人にはベッタリなついています。 いったい何があったの?

何より、何日も何も食べない。食べようともしないことには困り果てました。
その大きな原因に、人になついていますがとにかく臆病で環境になじめていない神経質のことから来ているようだとの獣医の見解です。飼い主と暮らした環境以外受け入れられないようです。
病院では、ケージ越しに他の猫が見えるだけでも怖くて仕方ないようです。


何日たってもまったく食べようとしないこだま君。これは重症。太れません。
20190529_232701_20190802181345821.jpg





膀胱炎も続いていて頻尿ですが、特発性とのことで、彼は猫がいる環境は受け入れないと言ってます。が、そんなところはないし、膀胱炎があっては里親募集も難しいです。

そこで私の家に連れてきました。事故の障害で自力排便ができない子など特別訳ありの子が2匹いますが、それはしかたないでしょ。こだま君。
しばらく、ここで暮らし観察中。
最初はやはり何も食べずで心配続きでした。人は好きなので撫でてあげたりしているうちに

ここまで変化が。そして食べるようになりました。



猫は、どんなにおとなしい子でもダメ。こわい。
こわいんなら近寄らなければいいのに自分から向かっていってシャー、ずっと威圧するので、我が家の平和は乱れっぱなし。


6月7月・・2カ月が経過

いろいろ個性いっぱいの子です。
この寝方が好きみたいです。
20190726_152658.jpg


20190723_024239.jpg


20190723_075242.jpg



毛並みもきれいになって少しぽっちゃりしてきました。
お顔は、おにぎりさんみたい。
20190723_024124.jpg


このポーズは、特にかわいすぎるんじゃない。
20190726_032144.jpg



試しに、猫じゃらし振ってみましたら、反応あり、子猫みたい。
20190727_014333.jpg


20190727_013712.jpg


20190727_013911.jpg


20190727_013913.jpg


そして、直ぐにこのポーズ。『こだまー、』と呼んでも知らん顔。
『コロンタ』か『のび太』の方がよかったかなと思っている。
20190727_014314.jpg


人と暮らしたらこんなに幸せに暮らせる子なのに、猫とは時間をかけても距離が縮まることはなくて困っていたところ、
TNR日本動物福祉病院の新人看護師さんがお預かりボランティアしてくれるって。

そうそうに、トライアル開始しました。
猫いないので、上手くいっています。 ホッ。


病院のボランティアさん、獣医さん、看護師さん、みんなの愛情と協力に感謝。
いったい何匹預かってもらっているのでしょ。


そうした子たちを後方から支えて下さっているフォスターペアレント様 ありがとうございます。

フォスターペアレント制度


フォスターTop