☆フォスターペアレント様 ありがとう

p122 24-2
2

ソラちゃん メス 
茶色がかったキジトラ
推定9才(2018.4現在)


2011.12福島被災地大熊町にて保護

フォスターペアレント 坂本様(大分県)




2017.9.22更新

 ソラちゃんは、東日本大震災福島第一原発放射能事故の被災猫です。
震災の年の年末、1週間福島に滞在して、警戒区域からレスキューした約70匹のうちの1匹。
このころは、飼い主さんのもとへ戻れた猫もいましたし、全国から関心が寄せられ里親に出た猫も沢山いました。

それでも、やっぱり、
ソラちゃんのように野良猫だったのか、なついていない猫も沢山いて、人が避難した警戒区域では助けるには保護以外には方法はありませんでした。
今も、当会のシェルター100匹に占める割合は、圧倒、福島からの被災猫たちです。

7年目のソラちゃん近況
シェルターボランティアさん曰く、ソラちゃんのチャームポイントは、お目めと低めのお鼻で、他にはない目つきとお顔が可愛すぎるのだそうです。
IMG_0189_2017092115314292e.jpg


まだまだ人を警戒していますが、すこーしずつ距離が近づいて
いるよーな、いないよーな。
IMG_0151_20170921153140bc0.jpg


どちらかというとカリカリ派、
シーバ大好き、
IMG_0126_20170921153143eb7.jpg



IMG_0150_2017092115350871d.jpg


IMG_0140_20170921153506422.jpg



なついてない子も寄ってくる。おそるべし、ちゅーる。
20170921_151358.jpg


シェルターの暮らしは、
ほどほど、気に入ってくれてるみたい。
20170921_151745.jpg

フォスターペアレント様 ありがとうございます。


フォスターペアレント制度

2016.07.15 UP

震災の年の12月、1週間だけ、警戒区域での犬猫のレスキューが公に認められた時がありました。
それからは、6年目の今となっても、犬猫保護目的での立ち入りは、公には、認められていません。
ですから、私たちは、6年間ずっと、警察の目を逃れ、自警団の目を逃れ、命が縮まる思いで毎回ドキドキしながら、それでも、自分の信念で残された命を救おうと福島に通っているのです。


公のレスキューが認められたあの1週間のことは忘れられません。
福島に宿泊して、1週間ぶっ通し。不眠不休で、溢れる路頭に迷う命を、ひたすら救い上げました。

犬猫救済の輪は、震災からそれまでにもすでに沢山の犬猫の保護をしてきて、このレスキューでTNR日本動物福祉病院の施設を満杯になるまで使っても、今回のレスキューで保護できる上限は、70頭。
活動を共にしたボランティアの仲間から、69頭目保護の連絡が携帯に入ったとき、「それ以上は、捕獲機に入っても収容できない。放してください。」と指示を出しました。

そう言わなければならなかった私も辛かったけれど、目の前のいる猫を、もう立ち入ることができないであろう警戒区域に置いていかなければならないボランティアさんもどれほど、辛かったでしょう。

そんな中で、幸いにも大熊町で救出できた一匹がソラちゃんでした。

ソラちゃんの近況。
お口まわりぷっくりが、とっても可愛いソラちゃん。




でも、ナデナデできないし、触ろうとしたらシャー。怒りんぼソラちゃん。




ソラちゃん、猫仲間はいっぱいいるのです。
箱が好きだから、おっばは、頑張って作った箱をプレゼント。
しかし、なんでしょ。この隙間やでっぱり。寝心地悪そう。

それでも気に入ってくれて、ソラちゃん優しい子。





箱ならいっぱいプレゼントしますよ。
それから、箱作り、もっと上手にできるように頑張ります。
老後は、猫ハウス作って、猫ボラさんたちに送ろうかな。まもなくだ。練習しなくては。





キャットタワーも、自分で作れるようにしますよ。はい、老後の楽しみに。




今回だけは、間に合わないので、里親会でお世話になってますペットスマイルさんに、シェルター基金からキャットタワー注文しました。シェルターの各お部屋に一台ずつ。
なんと、組み立てて届けて、お部屋に運んでくださるって。

重たくてしっかりしてるのだから、階段上げるの大変だなって思ってたんです。
ペットスマイルさん、ホントに親切なの。

ソラちゃん、これも気に入ってくれてるみたいだけど、とうとうグラグラになっちゃったからね。




揺れるキャットタワーで、猫じゃらし。




ごはん、
私は、かりかり(懐石)が大好きです。カッカッカッと完食。





「ナデナデできなくても、大好きだよ。ソラちゃん。」



フォスターペアレント様。ありがとうございます。


フォスターペアレント制度
2015.02.07 UP


あどけなさが残る可愛いお顔のソラちゃんです。
三人のボランティアさんから写真が届きましたよ。



魅力的な瞳
 



可愛いしぐさ。








こんなですもの、ナデナデしたくなっちゃいますね。




ところが、

すぐにシャーはしなくなったものの




近くには寄らせてもらえるようになったものの




そこからが、なかなか手ごわいのです。





フォスターペアレント様。ありがとうございます。



フォスターペアレント制度
2013.10.14 UP

2011年12月の黄色いリボンで、福島警戒区域から69匹保護したうちの1匹。

この子を保護したお家の住人さんは今も会津に避難していらっしゃって、80代になられます。
お隣さんは90代のおじいちゃんで、もう一時帰宅さえも一人ではできないことを嘆いておられるそうです。
何と申し上げてよいやら、言葉が見つかりません。

住民さんは、ご近所に沢山いた猫達の事もずっと心配していて私達の活動にありがとうと言って下さいます。
今日は、いつもありがとうと、会津のそれは美味しいお米を送って下さいました。
それは本当に、美味しいお米なんです。この場所に通って下さっているボランティアさんにも送りました。

たまには、猫達にもお米のごはん食べさせてあげてみようかしら。


さて、ソラちゃんは、保護されてからあと少しで二年になりますが、毛並みもきれいになってお顔もふっくらしました。
表情も険しさが無くなりました。


こんなに可愛くて、どうみても懐いていないようには見えないのですが、


へへ、さわっちゃダメよ。   懐いていません。


大丈夫そうよ。とちょっとさわったら、えらい、怒られました。



猫仲間とは、こんなに仲良し。 ソラちゃん、トンボ、トミー、クッパ



キャットタワーの天辺で、気分も最高!ソラちゃん。


フォスターペアレント様。ありがとうございます。




フォスターペアレント制度

2012.04.26 UP

仮設シェルターは、引きこもりさんがいっぱい。
知らないところに来て、知らない人がいて、
そりゃ、怖いよね。
私が行くと、まるでかくれんぼでもしているかみたいに誰も出て来てくれなくてホントにいるのって感じ。

ソラ
ちゃんもなかなか見つからないけど、

お腹は空くものね。
最初はこんなだったけど、
 


やっと、やっと

 一歩、一歩



  

ここまできました。

一寸、余裕のお顔、可愛いです。

 




フォスターペアレント様、お世話になります。
ありがとうございます。



フォスターペアレント制度


フォスターTop