フォスターペアレント様  ありがとう
pb130 29-20
幸太君
キジトラ ♂
推定2才

フォスターペアレント 
増田様(神奈川県)


2018.07.30 更新 


幸太君の近況報告(シェルターボランティアより)

幸太くんがシェルターに入居したのは、2017年4月22日。結さんが連れてきてくれました。
キャリーを開けると、中から出てきたのがあどけなさが残るかわいい幸太くんでした。
部屋の中を歩き回る様子を見ていると、なんだかふらふらしていてとても心配しました。

「みんなで幸太を大事にするからね!」幸太くんを抱っこしながら、約束しました。
あれから一年以上経ち、今では幸太くんもたくましくなりました。
IMG_0013_2018073009151605e.jpg


人間は、程良い距離感がちょうどいいみたいです。
IMG_0020_20180730092303bd1.jpg


IMG_0021_2018073009173275d.jpg


IMG_0026_20180730091734aab.jpg


抱っこも耳掃除も何でもできますが、自ら甘えたりはしませんね。
P6090036.jpg



幸太は、普通の子のようにスムーズに自力で排便ができない子なので、
お腹の便は、便だし後、中3日空くと3〜4センチ大のボール状に固まっています。
それを潰すだけ潰します。
そして、うまくいった日は小さい便を自分で出してくれます。
IMG_5781.jpg


IMG_5786.jpg


身体を弓なりにできず、腹圧がかからないようで、この日もこれ以上は自力で出せませんでした。



うんちはちゃんと出てるかなぁ〜
吐いたりしていないかなぁ、
ご飯は食べられているかなぁ、

   とか、心配ばっかりでついつい観察してしまいます。

行くたびにお腹をマッサージして便潰しして嫌がられるものだから、幸太にとって私は要マーク人物。

ウンチ潰しキライ。
IMG_0018_201807300923020fd.jpg


IMG_0004_201807300922599c2.jpg


IMG_0005_20180730092300167.jpg


排便は上手くできなくて便がたまってしまうけども、
食欲があって元気もあります。

美味しいウェットを好んで食べます。
P6090033.jpg


P6090032.jpg


P6090030.jpg




幸太くんが一番大好きだったルームメイトがミーナちゃんが天国に旅立ち、寂しそうな様子を見て心配していましたが、今は、クーちゃんがいつもそばにいてくれます。クーちゃんが守ってくれているみたいで、幸太も安心できるようです。
P6090016.jpg



IMG_5935.jpg
クーちゃんも幸太くんもずっと仲良く元気でいてほしいです。




まだあどけなさが残る可愛いお顔の幸太くん。
IMG_0003_20180730090829aa3.jpg


IMG_0002_20180730090830bfd.jpg



フォスターペアレント様 ありがとうございます。

フォスターペアレント制度



2017.04.28UP
☆幸太君(負傷猫) フォスターペアレント様 ありがとう。君の名は、幸太君だよ。



川崎市内で保護されたキジトラの男の子は、一見まだ1才になっていないかなと思われるくらいの小さ目の体つきでした。
交通事故?虐待?どんな衝撃を受けたのかちゃんと歩けない。
DSC03954.jpg



DSCF7282.jpg



背中は、ぱっくりと大きな傷で開いていたけど、日に日に周りから皮膚が修復されて、まずは、こっちはひとつ治ったよ。
DSCF7277.jpg



この子にとってもっと大きな障害は、
いつからこんなことになったのか、よくこんなで生きていてくれたと思うほどの体でした。

いつからこうなったのか、この子のお腹の中は、大きなおにぎり位の大きさの便が固まったままでした。
便はその固まりの隙間からわづか下痢状の液体が出ている状態でした。
どんなに苦しかったでしょう。栄養も取れなくて体も子猫のように小さいまま。
何としてもこの苦を取り除いて、しっかり幸せをつかませてあげたい。

このころ、センターから引き取った黒猫の重症のサチちゃんに続いて、犬猫救済の輪にやってきたやはり重症の子でした。
何か所もの複雑骨折の重症のサチちゃんも、痛みをなくして歩けるようになろうねと、幸せを願って幸ちゃんと名付けました。
この子も、きっと幸せにと強い願いを込めて、幸太君と名付けました。

手術を含め、措置をどうするか考えました。便の塊はおなかいっぱいに大きすぎて通常の摘便のようにはいきません。
それでも、先ずは、便を時間をかけて溶かしながら出していき、その後の腸の動きなどを観察していくことにしました。

お腹の中からおにぎりほどもある大きく重たい便を出し切ることができました。お腹がすっきりして楽にはなれますね。
そのあと、大きく伸びきってしまった腸がどのような状態を保っていくのか、TNR日本動物福祉病院で獣医の目の届く場所で経過を見守っています。
便の摘出後は、ずっと下痢が続きました。
便を押し出していく筋肉や機能が、少しでも正常の状態に近づいてくれないかと私的には思ってしまいますが、腸が正常に働くことを望むのは無理なようです。
状態に応じた処置をしながら、その後は便も固まってきて、
処方食ロイヤルカナン可溶性消化器サポートで便が固まりすぎないように気を付けます。
DSC03952_2017041815513339a.jpg



今は、便は少しづつ押し出される感じで小さくちぎれて敷物の上についています。
おしっこは、少しふらつきながら、トイレでできます。
kouta.jpg




かなりのビビりなんだけど、甘えられるのが嬉しくて、コロンコロン。
シェルターでボランティアさんたちに可愛がられて暮らさせてあげたいけど、
なかなか、排便の状態が安定しなくて。

君の名は、幸太君だよ。




20170422_213516.jpg


フォスターペアレント様 ありがとうございます。

フォスターペアレント制度

フォスターTop