拡散協力宜しくお願い致します。

多頭飼育崩壊猫80匹。十分な水がなくドライフードだけを与えられていた猫たちは、尿路結石や腎臓を壊し、生命の危機にある猫も多数入院治療を受けています。苦しむ猫たちを救うため、皆様のお力をお貸しください。専用口座を設置しました


多頭飼育猫救済専用口座 ご支援金お振込先
 
常陽銀行(ジョウヨウ) 取手支店 
普通)2097218 名義: コイチノボル
この口座にいただきましたご支援に関しましては、犬猫救済の輪で管理し、こちらのページにてご報告させていただきます。(ご報告は、月1回ほど。) 
  

茨城土浦市 猫80匹 多頭飼育崩壊

場所: 茨城県土浦市
野良猫を拾い飼い始めて10数年。当初は、去勢できる猫はしたが、メスの手術は高額でできず、繁殖して今70匹の成猫と10匹の子猫。体を壊し病院通いも増え、それに伴い収入も減ってしまった。フード代月8万円の負担も大きく、やりくりできなくなった。経済的、肉体的、精神的に厳しくなった。体調を崩し猫の世話がなかなかできず飼育困難に陥った。しばらくの間、息子が自宅に戻って支えている。
今回のレスキューでは、飼い主さんの精神面を支えながら、猫全頭の不妊手術とワクチンを速やかに実施完了することで、繁殖にストップをかける事を優先する。その後、引取りにより、二ヶ月以内に猫の飼育頭数を半数まで減らすこと。飼い主さんの、精神面、体力面、経済的な面のバランスが取れる状態まで持っていき、多頭飼育崩壊からの、立て直しをはかる。
このような方針でレスキューに入りましたが、状況から活動は長期化する見通しです。80匹の猫達の部屋には、水が、普通の家庭で使うペット用の器に各部屋一つしかなく、それも殆ど空っぽでした。エサは、一日二回ドライフードのみ、これにより多くの猫達が、尿路結石による詰まりや血尿で重症です。また、腎臓を壊し治療が必要な猫も多く、結石も腎臓も一生状態の変化に注意が必要で再度の検査や治療、処方食での食事管理が必要になります。経済的な負担が大きくなりますが、今はまず出来る限りの治療を施し、改善を期待します。
 
  経過活動報告: 茨城土浦市 猫80匹 多頭飼育崩壊


2月13日
結石と腎臓病等で入院10頭

1週間の入院治療で、尿検査による結石、血液検査による腎臓の数値を診ましたが、まだ、退院の見通しは立ちません。新たに迎え入れた猫たちも同様の検査結果が出て入院です。数が増えて入院室が足りませんが、支援物資のケージが間に合いました。早々に、使用させていただき助かっています。タオル、他も、たくさん届きました。皆様、ありがとうございます。



20190210_142723.jpg

⇒ 活動詳細はコチラから

2月12日 土浦へ支援物資搬送



⇒ 活動詳細は コチラ

2月8日
多頭飼育は、飼われていた猫とはいえ、80匹ともなりますとお世話の手も愛情も行き届きません。なついている猫は、10匹程、あと10匹が、触れる程度、あとは、怖がりさんで固まっています。結石や、腎臓の悪い猫たちの治療も、怖がらせないように行うのに時間がかかります。5匹程の健康状態が安定した猫達は、10日(日)・11日(月)の病院内里親会参加に向けて準備。同日、茨城土浦ー川崎便も出ます。


⇒ 活動詳細は コチラ

2月7日
子猫たちの状態もよくありません。風邪症状も酷く、ミルクを受け付けないため、カテーテルで直接胃にミルクを流します。
搬送が、あと一日遅れたら手遅れになるところでした。

⇒ 活動詳細はコチラから

2月6日
健康状態の悪い猫が多いため、茨城から、川崎TNR日本動物福祉病院に搬送し、1週間の入院で健康状態を確認後、状態が良ければワクチンと不妊手術を、状態の悪い猫はそのまま入院治療をしています。



2月5日
健康状態の悪い猫が多く、難航しています。
二日間、茨城県の動物病院で排尿の処置をしていただいた二匹の猫は、日曜日病院もお休みとのこと、今後の連携もお願いし、3日(日)に川崎のTNR日本動物福祉病院に移動しました。他にも重度の結石症状の子も追加搬送、TNR日本動物福祉病院到着後、緊急処置が行われ、酷い血尿でしたが、命は救われました。
多頭飼育崩壊には関わってきましたが、これほど多くの尿路結石になってしまう環境にいた多頭猫は初めてです。
ご支援いただきました処方食、大変有難いです。
同時に、子猫たち全頭搬送できました。熱、風邪症状、痩せていて元気がありません。深夜も、ボランティアさんが、ミルクを5ccずつこまめにシリンジで与えています


2月2日
80匹の猫達の救済活動ですが、健康状態の悪い猫が多く、難航。昨夜は、そのうちの二匹が尿路結石でオシッコが出ない、ぐったりしていると電話が入り、川崎まで搬送していたら命も持たない可能性があるということで茨城県のボランティアさんに頼み近くの病院に搬送して手当をしてもらいました。助けるためにはそうするしかないのですが、病院代などとても払える状況ではない多頭飼育崩壊なので、これだけの頭数の医療費となると頭が痛いです。とはいえ助けないわけにはいかないし、TNR日本動物福祉病院が一番費用をかけないで治療ができるところなので、治療してあげたい。すみません。交通費も何も出ませんが、搬送して下さるボランティアさんがいらっしゃいましたら協力してください。救いを待つ子に、こちらの手が足りず動きが追い付かないのです。また、川崎で保護している猫たちのお世話にボランティアに来ていただける方はいらっしゃいませんでしょうか。宜しくお願い致します。 
⇒ メールフォーム

2月1日
モモリン不妊手術しました。左眼球ありませんが、甘えっ子さんです。里親募集します。
⇒ 活動詳細はコチラから

1月25日
ぴーちゃん、結石  ガチャピン腎不全

⇒ 活動詳細はコチラから

 1月24日
TNR日本動物福祉病院の入院室、保護猫室は、いっぱいです。
重症の猫の治療は継続中、尿路結石や腎不全の猫は、今後一生、健康管理と医療が必要となるため、引取りが多くなります。残している子猫の母猫の状態がよくないため、子猫を離して哺乳瓶で育てることにしました。引き続き、なついていない猫たち全頭の不妊手術を二月中に完了する予定で了承いただいております。
⇒ 活動詳細はコチラから

 1月23日 手術後、一部の猫達を一旦家に戻し、入れ替わりで残りの猫達を不妊手術のため病院に搬送します。野良猫エサやりも判明、TNR同時進行。


                  ⇒ 活動詳細はコチラから

 1月22日
支援物資のドライフードで生命が繋げました。感謝です。
膀胱炎結石症状の診られる猫15匹。子猫衰弱。

  




 1月21日
飼い主さんと電話での打ち合わせ数回。1月21日夜、初めて現場へ。削痩。眼、鼻の風邪症状。皮膚の炎症。膀胱炎か結石か状態の悪いという猫、なついていてケージへ入れられる猫から川崎のTNR日本動物福祉病院へ搬送⇒それぞれ治療、ワクチン、不妊手術等施す。

⇒ 活動詳細はコチラから