☆フォスターペアレント様 ありがとう


 
保護ナンバー:1660 pa182 28-25
ピピ君
シャムミックス オス
推定1才
2015.10月4日 保護
ウィールス検査 エイズ(-)白血病(-)
福島大熊町国有化予定区域の第一原発直下で生き延びた震災後生まれの若い猫です。とても怖がりです。心を開いてくれますように。

※フォスターペアレント 樋田様 (東京都)



2016.07.21 UP

2015.10月 福島第一原発直下の大熊町海際で保護されました。
シャムミックス ♂ ピピ君 1歳未満と思われるキャシャな子でした。
親も、兄弟もいない、どうやって生き残っていてくれたのか。



初めて見る人間。
怖くて怖くて、シェルターに入居したものの、押し入れに完全引きこもり。
LrMobile1601-2016-12391067573942195s.jpg

人が見ていると御飯も食べなくて、しかもお皿を前に置こうとするだけでパニクってしまうほど怖がりさん。
でもちゃんと食べているかチェックしないと心配なので、ピピ君が独りきりで居る棚に、
なるべく遠くから、柄の長いお玉にソ~っと御飯皿を乗せて棚の上に置き、
更に長い棒でズズズ~と、ピピ君のお口もと迄ウェットを押して、ごはんを届けています(^-^; フー。

そんな日々が続きましたが、


シェルターボランティアさんたちの、深い愛情で、やっとやっと、ピピ君に嬉しい変化が見えてきました。


押し入れ引きこもり解消。お耳の角度は、まだ、天井の壁と水平ですが。
IMG_0199_20160721055923551.jpg


二階と三階の間の階段を上に行ったり
202.jpg



下に行ったり
201_20160721051620563.jpg



人間も、気になる。
203_2016072105162246a.jpg



ボクに、ごはん、くださったんですか。
204.jpg



いただいていいんですか。
205.jpg



いただきます。
206.jpg



生まれた時から飢えと孤独だけ。一日一日をやっと生き延びてきたピピ。
食べ物はどこにもなくて、探して、戦って、たまに食べられるものだった。

食べられるということが、当たり前じゃない辛い日々だったから
食べられることが嬉しすぎるピピ。
ピピはまだ食べられなかった時を忘れていないようです。
苦しかった日々は、ピピには、忘れられるようなものではなくて、
まだ、明日も食べられるのか、そんな不安が消えていないように見えます。

207.jpg


208.jpg



でも、きっと、シェルターボランティアさんたちの愛情がピピに伝わって、少しづつ心を開いていくでしょう。
甘えさせてあげたいです。みんなの思い、きっと届くでしょう。



ごはんを待つ、みんなの中に、ピピ君の姿。すごいよ。ピピ。
209.jpg




ピピがいた大熊町の原発直下のこの場所で、最近また、ボランティアさんが。キジトラ白の猫が確認しています。
ボランティア連携福島被災動物救済活動、明日からまた、ここにも、捕獲機をかけて、保護に臨みます。

人のいない町、バリケードの中に取り残されたままの猫達がいることを忘れないでください。



保護された沢山の命を、守って下さっているフォスターペアレント様に、深く感謝を申しあげます。

フォスターペアレント様 ありがとうございます。


フォスターペアレント制度




フォスターペアレント制度

フォスターTop