☆フォスターペアレント様 ありがとう


保護ナンバー:1660 
pa182 28-25
ピピ君
シャムミックス オス
推定3才(2017年現在)
ウィールス検査 エイズ(-)白血病(-)

2015.10月4日 保護
福島大熊町第一原発直下で生き延びた震災後生まれの若い猫です。とても怖がり。

※フォスターペアレント 樋田様 (東京都)
 



 2017年08月28日 (月)
ピピ君の生き延びていた場所は、第一原発直下の福島大熊町。
放射線量もとても高い区域で、特に早く救出したい厳しい場所でした。
連携ボランティアさんたちは、隔週で通い、体を張ってのレスキューに臨みました。

20150813053341fdd_20170828053739e02.png



震災から5年目にしてやせ細った姿で保護されたピピ君 



全頭保護して、終了できる日が来ることを願い、今も給餌を続けています。


さて、ピピ君の保護から二年になります。
ピピくんは、月日の流れと共に、本当に変化が見られた猫ちゃんです。

保護から1年までの経過はこちら
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/pa182%2028-25pipi.html

そして、保護から2年の近況報告です。
臆病さんだったピピくんが、二階フロアに来るようになり、
P7150008.jpg



ご飯を待つようになった時は、本当にうれしくて、
P7150009.jpg



ちょこんと座っている姿がかわいくて、あの時のことはよく覚えています。
体系も、動画の姿と比較してみてください。
P7220062.jpg




それからまたピピくんにはどんどんいい変化が見られます。
P7150003.jpg

P7150004.jpg

P7150006.jpg

P7150005.jpg

P7150007.jpg

猫より人間の方が喜んでいるかも。
時々なでなでさせてくれたり、いつもそばに来てくれます。
本当に、この変化は、感動もの。

何にでも興味津々
P7150011.jpg




ちゅーるっこ
P7150012.jpg



P7150019.jpg



ここまで来たら、もう殆ど普通の子。
でも、場所が変わったらまた固まっちゃうね。
里親には行かせてあげたいけど、
福島でどれほど恐怖や不安の日々を送って来たかと思うと
また、不安にはさせたくないです。
ゆっくり、シェルターで暮らして、いつかそんな日も来るかもって期待しよう。
P7220065.jpg



フォスターペアレント様 ありがとうございます。


フォスターペアレント制度

2016.07.21 UP

2015.10月 福島第一原発直下の大熊町海際で保護されました。
シャムミックス ♂ ピピ君 1歳未満と思われるキャシャな子でした。
親も、兄弟もいない、どうやって生き残っていてくれたのか。



初めて見る人間。
怖くて怖くて、シェルターに入居したものの、押し入れに完全引きこもり。
LrMobile1601-2016-12391067573942195s.jpg

人が見ていると御飯も食べなくて、しかもお皿を前に置こうとするだけでパニクってしまうほど怖がりさん。
でもちゃんと食べているかチェックしないと心配なので、ピピ君が独りきりで居る棚に、
なるべく遠くから、柄の長いお玉にソ~っと御飯皿を乗せて棚の上に置き、
更に長い棒でズズズ~と、ピピ君のお口もと迄ウェットを押して、ごはんを届けています(^-^; フー。

そんな日々が続きましたが、


シェルターボランティアさんたちの、深い愛情で、やっとやっと、ピピ君に嬉しい変化が見えてきました。


押し入れ引きこもり解消。お耳の角度は、まだ、天井の壁と水平ですが。
IMG_0199_20160721055923551.jpg


二階と三階の間の階段を上に行ったり
202.jpg



下に行ったり
201_20160721051620563.jpg



人間も、気になる。
203_2016072105162246a.jpg



ボクに、ごはん、くださったんですか。
204.jpg



いただいていいんですか。
205.jpg



いただきます。
206.jpg



生まれた時から飢えと孤独だけ。一日一日をやっと生き延びてきたピピ。
食べ物はどこにもなくて、探して、戦って、たまに食べられるものだった。

食べられるということが、当たり前じゃない辛い日々だったから
食べられることが嬉しすぎるピピ。
ピピはまだ食べられなかった時を忘れていないようです。
苦しかった日々は、ピピには、忘れられるようなものではなくて、
まだ、明日も食べられるのか、そんな不安が消えていないように見えます。

207.jpg


208.jpg



でも、きっと、シェルターボランティアさんたちの愛情がピピに伝わって、少しづつ心を開いていくでしょう。
甘えさせてあげたいです。みんなの思い、きっと届くでしょう。



ごはんを待つ、みんなの中に、ピピ君の姿。すごいよ。ピピ。
209.jpg




ピピがいた大熊町の原発直下のこの場所で、最近また、ボランティアさんが。キジトラ白の猫が確認しています。
ボランティア連携福島被災動物救済活動、明日からまた、ここにも、捕獲機をかけて、保護に臨みます。

人のいない町、バリケードの中に取り残されたままの猫達がいることを忘れないでください。



保護された沢山の命を、守って下さっているフォスターペアレント様に、深く感謝を申しあげます。

フォスターペアレント様 ありがとうございます。


フォスターペアレント制度


☆フォスターペアレント様 ありがとう

保護ナンバー:1660 2015.10.4大熊町海際 保護

ピピ君。
シャムMIX ♂
ウィールス検査 エイズ(-)白血病(-)






福島大熊町国有化予定区域の第一原発直下で生き延びた子です。
とても可愛い子ですが、なつかず里親募集には時間がかかりそうです。
一旦シェルターに入居しました。心を開いてくれますように。

※フォスターペアレント 渡部様(東京都) 





福島大熊町国有化予定区域の第一原発直下で生き延びた子
2015.10月ボランティア連携福島被災動物救済活動で保護されました。
ピピ君は、最初に見た時に誰しもが女の子かと思ったくらい可愛くてキャシャでした。

IMG_1729_20160201234022040.jpg


シャムミックスの可愛い猫さんは、なついたらきっと人気者ね。

ところが、まもなく、はんぱない怖がりさんであることがわかり、残念だけどシェルターで暮らすことになりました。
まだ完全引きこもり中です。
現在シェルター2位の怖がりさんです。ウー。(1位は、おでんちゃん)
独り押入に引きこもっている日々が続いています。

LrMobile1601-2016-121220746077316577.jpeg



写真も同じようなポーズばっかりになってしまいます。
LrMobile1601-2016-111420448182478175.jpeg



LrMobile1601-2016-12391067573942195.jpeg



昨日は、テンテン君と一緒に居ました。
仲良くしているのかな~と思ったら段ボールベッドをとられてました(^。^;)猫のことも怖いのかな?

大熊町の海に近い給餌ポイントで保護されたピピ君は、今、2才位かな。
震災後生まれ、お母さんも兄弟もいつからいなくなってしまったのか、
野生動物ばかりで、猫を見ることもなかったでしょう。

どんなに怖くても、給餌場所で負けないでごはんを食べるしかなかった。
どれほど怖い思いをしてきたことでしょう。よく生き延びていてくれました。
LrMobile1601-2016-112420338437509720.jpeg

人が見ていると御飯も食べなくて、しかもお皿を前に置こうとするだけでパニクってしまうほど怖がりさん。

でもちゃんと食べているかチェックしないと心配なので、ピピ君が独りきりで居る棚に、

なるべく遠くから、柄の長いお玉にソ~っと御飯皿を乗せて棚の上に置き、

更に長い棒でズズズ~と、ピピ君のお口もと迄ウェットを押して、ごはんを届けています(^-^; フー。

そんなこんなで毎日食欲をチェックする日々ですが、

毎日、大盛りをペロリと完食しているので、安心 安心!

女の子みたいなキャシャ・・・では、なくなってきた。




フォスターペアレント様 ありがとうございます。




フォスターペアレント制度






フォスターTop