TNR日本動物福祉病院、年中無休の044-276-9388




title-icon代表 挨拶


TNR日本動物福祉病院は、動物を第一に考えた命に優しい病院です。
TNR日本動物福祉病院は、日本中の犬猫殺処分ゼロを目指し、主に不幸なノラ猫をなくすための不妊手術、 恵まれない立場の動物の治療 を行うために平成22年に開設しました。毎月約150頭の不妊手術を実施しています。
行政での殺処分される動物の多くは、望まれずに生まれた子猫です。
生まれる前に不妊手術を!TNR日本動物福祉病院では、少しでも多くの方々が少しでも多くの犬猫の不妊手術を施すことができますようにと、良心的な処置内容と価格を設定いたしております。皆様のお役に立てましたら幸いです。
TNR日本動物福祉病院は、健康体の安楽死(殺処分)は行いません。
   
※TNR日本動物福祉病院は、社団法人・日本動物福祉協会とは全く関係ありません。




動物の命に対する考え方


地球上に共に生きる命。弱い立場の動物の命を尊重し、共生していくこと、愛する心を育むことが優しくより豊かな人間形成にもつながるのではないでしょうか。

犬や猫などの愛玩動物だけではなく、畜産動物、野生動物などあらゆる生き物に無益に著しい苦痛や恐怖を与えるべきではないと考えています。

頭脳が高く恐怖や悲しみに敏感なイルカもや、また、牛や豚、鳥などの畜産動物もです。
主にイギリスで実践されているフリーダムフード認証制度(生まれてから死ぬまで人道的に扱われたという認証を肉製品に与える制度)などを目標にしなければならないと考えています。

野生動物は駆除一辺倒の政策を見直し、一部実践されている「避妊ワクチン」などの工夫で個体数を人道的にコントロールをしていくことを訴えています。
医薬品や化粧品のための実験動物には動物の命を奪わず、痛みを与えない代替法が盛んに研究されていますが、これを進めなければならないと考えます。

毛皮や革製品、ダウンコートなどのファッションのために殺される生き物たちの壮絶な痛みを思いやれば、美の観念も変えなければならないと考えます。毛皮を着ている人を美しいと考える時代は過ぎ去らねばなりません。

日本でもどこでも、どの動物でも同じです。無益に痛みと恐怖を与えるべきではありません。
また、伝統といえども文化といえども、生き物に壮絶な痛みを与え命を無益に奪うようなことは時代とともに廃止され改善されるべきだと思います。

現在、太地町のイルカ漁や、諏訪大社が伝統神事として生きたままカエルを串刺しにして殺害することなどに、廃止の申し入れもしています。
残虐で不快感を与えるような伝統や文化を引きづったままでは国際社会から取り残され国益も損ねます。できることには限りがありますが、その時々、声を出さねばならないと考えることに、全力で取り組んでいます。


トップページへ戻る